はじめてのBIG/toto購入でポイント最大10倍!

賢い買い物術!激安「訳あり」アイテムが満載

【送料無料】アロマ空気清浄機 COCORO@mode SHINY

2012年10月02日

「梅ちゃん先生」関東で18作ぶり20%超え 平均視聴率は20・7%

楽しみにしていたNHK朝の連ドラ「梅ちゃん先生」が終わってしまってさびしいです…




朝の連続ドラマ小説といえば、昔はオーディションで選ばれた新人が主演を務めていましたが、最近はほとんどが若手の人気のある女優さんですね。

ですが、私がいつも注目するのは脇役に控えているベテラン俳優さんです。
今回光っていたのは、梅子の父親・下村建造役の高橋克実さんでした。
最近はバラエティー番組の司会などで活躍されていることが多いようですが、優秀な医師であり、頑固で堅物な昭和の親父を好演されていました。
信郎の父の幸吉役の片岡鶴太郎さんも、いかにも職人気質の下町の親父を見事に演じておられましたし、建造の弟の陽造役の鶴見辰吾さんもドラマの中での良いアクセントになっていました。

視聴率が安定して高かったのは、脇役の俳優さんたちの安定感も一因かな?と思いました。
posted by hanahana at 14:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。